語り合い、想いを創り、共に生きる

社会福祉法人はるのコンセプトです。

「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。



・だれもが暮らしやすい社会や制度づくりに取組み、社会に必要な存在であり続ける法人をめざします。
 そのために、賛同する仲間と共に運動を展開し、安定した基盤づくりと変化に対応できる柔軟な事業運営をすすめます。

・自分らしい「自立」を実現する法人をめざします。
 そのために、ひとりひとりの「できる」を大切にし、それを育てていく活動をすすめます。

・一員であることに「誇り」を持てる法人をめざします。
 そのために、新しい価値・商品・サービスを創造し、「はるブランド」を発信していきます。

・「つながり」を大事にし、それを活かす法人をめざします。
 そのために、さまざまな力をつなげ、より大きな力とする活動をすすめます。

・『幸せな人から幸せな人へ』を実践していきます。
 そのために、「はる」にかかわる人がみな、幸せや満足を感じ、ここに集まりたくなる法人や地域づくりをすすめます。

働くことで得られること

1994年、「経済的に自立したい」と願う精神障がい者のニーズを受けて、パイ焼き窯が誕生しました。7年後の2001年、より確実な就労支援を目指して〈社会福祉法人はる〉が、多くの賛同者の協力を得ながら誕生しました。
この資源を、障害を持つ多くの方々に上手く活用して頂きたいのです。

私たちは、障害(精神等)のある人が、働くことによって経済的自立を目指し、障害とうまく付き合いながら健康と自信を回復し、就職やあたりまえの暮らしを目指すことをサポートします。
障害を持ちながら社会で自立生活を営むためには、周りの人々とつながり・語り合い、自分の持っている能力や感性を発見し・育て、自分に合う仕事に就いて収入を得て、「これが私らしい生き方」と自身と誇りを持てる事が大切です。

  • 法人の目的

    法人の目的

    精神障害やその他さまざまないきづらさを抱えた人が、地域の中で経済的自立を目指し、健康を大切にし、障害とうまく付き合いながら社会人として暮らして行く為のサポートを行います。

  • 理念

    理念:語る、創る、暮らす…ハタ楽

    「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

  • 法人概要

    法人概要

    【名称】社会福祉法人 はる
    【代表】井上 義
    【設立】2001年7月24日創設
    【所在地】(地図)
    〒158-0082
    東京都世田谷区等々力2-36-2-201

令和3年度 現況報告書・計算書類等

現況報告書・計算書類等

【現況報告書】現況報告書を表示する。


【計算書類等】計算書類等を表示する。


 令和2年度         平成31(令和元)年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 計算書類等を表示する。  計算書類等を表示する。


 平成30年度          平成29年度          平成28年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 計算書類等を表示する。  計算書類等を表示する。  計算書類等を表示する。


 平成27年度          平成26年度          平成25年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 事業リストを表示する。  事業リストを表示する。  事業リストを表示する。

 総括表を表示する。    総括表を表示する。    総括表を表示する。

 財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。


定款・役員等報酬規程・特定処遇改善加算規程

【定款】定款20190809認可31福保指指第370号を表示する。


【役員等報酬規程】役員及び評議員の報酬等並びに費用弁償に関する規程を表示する。


【特定処遇改善加算規程】福祉・介護職員等特定処遇改善加算額支給規程を表示する。


2022年 挨拶

理事長 井上 義 (いのうえ ただし)


2022年の新年があけました。皆様にとって、この新しい一年が、希望の一年となる事を切に願います。

ほのぼのと美しい響きの法人はるを願いまして、「ハーモニー」という言葉を少しとりあげます。ちょっと硬い話になりますが...。音楽概念としてのハーモニーは二つ以上の音が同時に鳴る時に、その総体としての響きがどうか?を問題とする評価の目線です。
ハーモニーが成立しない第一の要因は、とりあえずは「音高」の乱れ、つまり音の高さに関する間違いあるいは歪みです。「音が取れない」「音を外す」「音が下がる」といった表現がそれですね。

しかし全てのパートの「音高」が正確であったとしても、ハーモニーが変!つまりハモらない時がしばしばあります。わかりやすい順に言うと、次なる美へのハードルは「音質」です。
十人十色の人が集まって声を束ねて一つのパートの同じ音を歌うのが合唱の基本ですが、ここで純粋なハモリに近づくためには、十人の声が一人の人の声であるかのように響かせる必要があるのです。「それじゃあ没個性でつまんなーい」と感じる向きもあるでしょうが、少なくとも、そのようにパート内の音色を揃える「技術」は必要となります。

そしてもう一つのハーモニーのキモは、「音量」です。合唱におけるそれぞれのパートの個々の音は、和音の構造上、強くあるいは弱く聞こえるべき相対的な「優先順位」が生じます。ソプラノよりアルトが聴こえないと「ハモリのバランス」が崩れる事態があるのです。自分の行動の正確さ(音高)のみならいざ知らず、同じ仕事をしている仲間と合わせ(音質)、かつよそのグループとの力関係に応じて自分の音量を調整する(音量)と、そこにかなりの確率で客観的に美しいハーモニーは誕生します。

敢えてドライに表現していますが、つまりハーモニーの完成度においては、自分の声を/仲間の声を/他のグループの声を、個々が繊細に聴きつつ、分析・評価しつつ、歌うことが重要となります。
まあ、実際のところ「私は気持ちよくみんなと歌いたいだけなのに、そんな周りの声を聴きながら忖度するみたいに歌うなんて、ストレスになる!」と感じる人のために、指揮者が存在するという救済策もございますが。

と、幾分わかりにくい比喩か?とは思いつつも、個人―パート―全体の響き、と、個人―事業所―法人という関係性には、通ずるところがあると感じた次第です。
抽象的ですが、私を超えた全体が美しくあるとはどういうことなのか? と考えつつ、悩みつつ、しかしまずは個々の課題に、事業所の課題に、そして法人はるの「響き」が、不思議に年々美しくなっていくことを願いつつ、今年もよろしくお願いいたします。


役員紹介

2022年1月現在

【役員一覧】


理事長

業務執行理事


理事

 井上 義

 青山 貴
 稲山 由美子

 藤原 愛子
 目黒 さとみ
 八田 晋一郎
 浦田 慶信

評議員





 丸山 牧夫
 本間 真一郎
 渡部 淳
 神代 洋一
 近藤 友克
 丹澤 和美
 平福 恵津子
 平田 智子

監事

 大野 圭介
 中村 龍二


管理職紹介

 

【管理職一覧】


事務局長

 荒木 雅彦

パイ焼き窯

パイ焼き茶房

しごとも

 青山 貴

 荒木 健二

 臼井 崇晃

グループホーム

はるの相談室

ときそら

 八田 晋一郎

 須ケ間 佳代子

 尾平 明聡



はるの歩み ~地域の力とともに~(青字 支援団体等) ▶画像版はコチラ


1994年共同作業所「パイ焼き窯」開所
ボランティアズオープンキッチン発足
企業ボランティア発足
1996年精神保健福祉ネットワーク(通称 玉ネット)発足
1997年第2作業所開所
家族会「はるの会」発足
1998年第2作業所を喫茶店としてリニューアル
共同作業所「パイ焼き茶房」開所
1999年法人設立準備委員会発足
パイ焼き窯サポーターズ発足
2001年「社会福祉法人はる」創立
2002年通所授産施設「社会就労センターパイ焼き窯」現在の等々力に開設
2003年「パイ焼き茶房」(共同作業所)現在の尾山台商店街に移転
2004年日本初の精神障害者就労支援ネットワーク「しごとねっと」開設(2012年委託契約終了)
2005年東京都就労育成モデル事業「しごとも」開設
2006年共同生活援助事業所「はるの邑」開設
玉川地域障害者事業所連絡協議会(通称 玉支援ねっと)発足
2007年「社会就労センターパイ焼き窯」多機能型(就労移行支援・就労継続支援B型)事業へ移行
2008年「しごとも」就労継続支援A型事業へ移行
2009年共同生活援助「とどろきの杜」開設
2010年「パイ焼き茶房」就労継続支援B型事業へ移行
2011年「しごとも」分室 中目黒事業所を増設
2012年「社会就労センターパイ焼き窯」分室を増設
「法人本部」事務局を設置
2013年グループホーム サテライトを増設
2014年「はるの邑」現在の場所に移転~グループホームをユニット化
2015年特定相談支援事業「はるの相談室」開設
2020年「社会就労センターパイ焼き窯」就労継続支援B型単体化へ移行
2020年就労継続支援B型事業所 ガーデンカフェ「ときそら」開設

ページ先頭

ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

©社会福祉法人はる. All Right Reserved