語り合い、想いを創り、共に生きる

社会福祉法人はるのコンセプトです。

理念


「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

自分らしく生きるために


1994年、「経済的に自立したい」と願う精神障がい者のニーズを受けて、パイ焼き窯が誕生しました。7年後の2001年、より確実な就労支援を目指して〈社会福祉法人はる〉が、多くの賛同者の協力を得ながら誕生しました。
この資源を、障害を持つ多くの方々に上手く活用して頂きたいのです。

私たちは、障害(精神等)のある人が、働くことによって経済的自立を目指し、障害とうまく付き合いながら健康と自信を回復し、就職やあたりまえの暮らしを目指すことをサポートします。
障害を持ちながら社会で自立生活を営むためには、周りの人々とつながり・語り合い、自分の持っている能力や感性を発見し・育て、自分に合う仕事に就いて収入を得て、「これが私らしい生き方」と自身と誇りを持てる事が大切です。

働くことで得られること

  • 法人の目的

    法人の目的

    精神障害やその他さまざまないきづらさを抱えた人が、地域の中で経済的自立を目指し、健康を大切にし、障害とうまく付き合いながら社会人として暮らして行く為のサポートを行います。

  • 理念

    理念:語る、創る、暮らす…ハタ楽

    「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

  • 法人概要

    法人概要

    【名称】社会福祉法人 はる
    【代表】井上 義
    【設立】2001年7月24日創設
    【所在地】(地図)
    〒158-0082
    東京都世田谷区等々力2-36-2-201

平成31(令和元)年度 現況報告書・計算書類等

現況報告書・計算書類等

【現況報告書】現況報告書を表示する。


【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成30年度 現況報告書・計算書類等

 【現況報告書】現況報告書を表示する。

 【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成29年度 現況報告書・計算書類等

 【現況報告書】現況報告書を表示する。

 【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成28年度 現況報告書・計算書類等

 【現況報告書】現況報告書を表示する。

 【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成27年度          平成26年度          平成25年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 事業リストを表示する。  事業リストを表示する。  事業リストを表示する。

 総括表を表示する。    総括表を表示する。    総括表を表示する。

 財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。


定款・役員等報酬規定

【定款】定款20180328認可29福保指指第1062号を表示する。


【役員等報酬規程】役員及び評議員の報酬等並びに費用弁償に関する規定を表示する。


2020年 挨拶

理事長 井上 義 (いのうえ ただし)


 令和の元年が過ぎ、東京オリンピックの年、2020年が始まりました。私が先の東京オリンピックの年の生まれだからでしょうか、再び東京でのオリンピックが巡ってくるという事に、ある種の感慨を覚えます。「生涯で二度目」という括りでは、2019年の「天皇の代替わり」と2020年の「東京オリンピック」でしょうか。皆さんにとっての、過ぎ去った一年への感慨、そしてこれから始まる一年へ期待はいかがなものでしょうか?
 人間は、時間をそして歴史を意識する生き物ですから、過去と未来の狭間にあって、今という時を生きます。過去の結果としての今があり、今の結果としての未来がある。一歩間違うと、取り消す事の出来ない過去への後悔と、まだ見ぬ未来への不安の中で、今を怯えて生きる、そんな生き様に陥ってしまうものでしょうが、しかし人間に歴史感覚が備わっている本来の強みは、過去の「反省」から未来の「変化」を生み出すことができる点でしょう。
 福祉業界ではまだまだ新人の理事長がここで思いつくのが、「振り返り」という言葉です。ここに来て「反省」ではなく「振り返り」という語彙をよく耳にします。検索してみると世の中全般の動向のようにも感じますが、私の感覚では、反省は振り返りよりも自己批判の意識が強いものに感じられますが、いや後者は次の一手を模索する感覚が強いものだとの声もネットに散見されました。言葉の意味は時代と共に少しずつ変化していきます。そういう意味では「変化」よりも「進化」という表現が好まれるようになったのも今時の世相でしょうか。
 ところでおよそ500年前に起こったドイツの宗教改革の原点にルターという人物の手による「95箇条の提題」という文書がありますが、その主要なテーマは「悔い改め」でした。日本語の一般的な語彙としては馴染みの薄い「悔い改め」というこの表現は、しかし「反省」「振り返り」をさらに研ぎ澄ましたかのような言葉です。つまるところ「問題をお金で解決しようとするんじゃなくて、毎日ちゃんと心で内省を繰り返さないと変化は起こんないでしょ?」という問題提起に端を発する運動、それが宗教改革でした。
 「反省」「変化」と繰り返すこの理事長は、そんなに「はる」の何かが気に入らなくて変えたいのか?と訝しがられるやもしれませんが、そうではありません。激動の時代の2020年の初頭に何を思うか? と問われるならば、やはり「変化」に対する心構えかと思ったわけです。時代の変化は激しく、昨日と同じことを今日も繰り返したら必ずや明るい明日がくるとは言い切れないような、そんな時代を私達は生きています。特定の何かという以上に、法人はるとして、この時代を生き抜くために必要な知恵を共に模索して行く必要を感じます。折しも一年後には法人創立20周年を迎えるわけですし。
 最後に「変化」あるいは「自己変革」という文脈でしばしば引用されるR・二―バーという神学者の祈りの言葉をご紹介させて頂きます。「神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。変えるべきものを変える勇気を、そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。」反省、振り返り、悔い改め、内省、自己省察、色々な言い方がありますが、その意識を深めるのに不可欠な要素としての「受け入れる力」「変える勇気」「識別する賢さ」を二―バーは提示しました。変える事の出来ないものもあるのです。そしてそれはその人の、その共同体の深いレベルでの本質的な何かであったりもします。新しい「はる」の一年が、無闇と突き進むのでもなく、臆病に立ち尽くすのでもない、思慮深い前進を!となる事を願いつつ。

役員紹介

2019年6月現在

【役員一覧】


理事長

業務執行理事


理事
井上 義

西谷 久美子
野村 伸博

鹿島 法博
青山 貴
藤原 愛子
評議員






江澤 宏之
丸山 牧夫
石田 由美子
本間 真一郎
萩原 実
森山 兼一
湯田 正樹
渡部 淳
監事
目黒 さとみ
大野 圭介
中村 龍二

管理者紹介

 

【管理者一覧】


パイ焼き窯

パイ焼き茶房

しごとも

グループホーム

はるの相談室

ときそら

事務局長
青山 貴

藤原 愛子

臼井 崇晃

八田 晋一郎

野村 伸博

尾平 明聡

野村 伸博












































はるの歩み(テキスト版) 画像版はコチラ



1994年 4月  共同作業所パイ焼き窯開所
1997年 4月  第2作業所開所
1999年10月  法人設立準備委員会発足
2001年 7月  社会福祉法人はる設立認可
2002年 4月  「社会就労センターパイ焼き窯」開設
2003年10月  「パイ焼き茶房」、「グループホームはるの邑」開設
2008年 4月  「しごとも」、「グループホームとどろきの杜」開設
共同作業所パイ焼き窯は、一般就労や経済的自立を目指す精神障害者のニーズにこたえられる作業所として誕生。若年層を中心に利用希望者は増え続け、作業訓練を通して利用者の障害の軽減や症状の改善がみられ、訓練の成果も現れだした。また、「パイ焼き窯」は事業の面でも福祉的予算と同規模の授産事業を展開してきた。
その後、模擬職場の提供を行いながら、精神障害者が能力や自信を回復し就労を目指すことを支援する作業所として「パイ焼き茶房」を設立。商店街の中のオアシスとして又一般市民に精神障害者及び福祉分野への理解を広げることも大きな目的のひとつとして展開している。
「しごとも」は、精神障害者が主体となって、より一般社会に近い形で事業展開し、経済的自立を図ると共に誠実な職務遂行で地域住民や就労提供者の信頼を得、且つ交流を通じて障害者に対する理解を深めることを目的としている。2008年3月東京都の就労育成モデル事業も終了し、利用者との雇用(最低賃金保障)契約や、労働保険の適用も開始した。
入所施設や家族から独立し、地域の中にあるアパート等を利用しながら地域社会の中で自立してくらせるよう支援するグループホーム「はるの邑・とどろきの杜」を展開。
2011年    「しごとも」は目黒区に新たな分室を拡大した。
2012年 4月  「はるの邑」はサテライト2部屋を作り定員を6名に拡大。
2013年 4月  「とどろきの杜」もサテライト2部屋を作り、定員を7名に拡大した。
2014年 6月  GHはるの邑移転に伴い、GHはるの邑(ユニット化)とした。
2015年 5月  相談支援事業「はるの相談室」開設

ページ先頭

ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

©社会福祉法人はる. All Right Reserved